ノウハウ
ノウハウ



豊富な経験、イノベーション

技術者たちは5年以上の太陽エネルギー業界の仕事経験で、技術総監はすでに10年以上の経験があります。新製品の開発、設計図面、強度計算、パレット寸法と重量計算など業務分担はっきりしています。万全な技術サービスが提供できます。

また 日本市場向け,JIS規格(JIS C8955:2017「太陽電池アレイ用支持物の設計用荷重算定方法」)対応できます。


構造設計要点①:設計荷重


○  風荷重関連 
¤  アレイ面の風力係数の変更                 旧風圧係数 → 新風圧係数         強度1.5倍 ↑ 
正圧:0.881~1.685倍     負圧:1.364~1.546倍 
野立て架台設計における風圧荷重基準  ⇒  荷重増 


¤  地表面粗度区分の適用の変更       粗度III → 粗度II                    強度2.3倍 ↑ 



○  雪荷重関連                         
¤  勾配係数の変更   ⇒  荷重増 
○  地震荷重関連
¤  設計用水平震度  ⇒   荷重減(建物上設置の場合は荷重増



設計要点②:許容応力度設計 

○  JIS C8955によって算出される設計荷重は、許容応力度(許容耐力)設計用の荷重であり、部材の最大(極限)荷重と比較するものではないです。 




構造設計要点③:接合部


○  構造計算による接合部の耐力評価が困難である場合は、適切な載荷試験などを行い、
各種設計荷重に対して許容応力度(あるいは許容耐力)の範囲内にあることを確認します。




伝言を残す
私たちの製品に興味を持っており、詳細を知りたい場合は、ここでメッセージを残してください、私たちはできるだけ早く返信されます。