ppaモデル

ppaモデル

  • 今話題になったPPAモデルは一体何でしょうか。
    今話題になったPPAモデルは一体何でしょうか。 Jun 4,2021
    FIT制度による電力買取の一部は、再エネ賦課金として国民が負担しています。国民の負担増加を防ぐため、国内の再生可能エネルギーの普及に合わせて買取価格を下げる必要があります。 2020年度のFIT改正では小規模太陽光発電事業者の全量売電が撤廃されたことからも、FITに依存しない再生可能エネルギーの拡大に移行していることが推察できます。 PPAとは、「Power Purchase Agreement(電力販売契約)」の略で、自家消費型太陽光発電とも言います。 施設所有者が提供する敷地や屋根などのスペースに太陽光発電設備の所有、管理を行う会社(PPA事業者)が設置した太陽光発電システムで発電された電力をその施設の電力使用者へ有償提供する仕組みです。 施設所有者、PPA事業者、電力使用者それぞれにメリットがあり、企業の再生可能エネルギーの導入促進に向けた切り札として期待されています。電気を利用者に...
    続きを読む
  • 「売る」より「使う」がお得な時代が到来|低圧なら自家消費!
    「売る」より「使う」がお得な時代が到来|低圧なら自家消費! Jun 11,2021
    「売る」より「使う」が 太陽光のスタンダード 太陽光発電の活用方法が変わってきた。売電から自家消費へのシフトだ。FIT価格の下落により売電の旨味がなくなった一方で、自家消費による電気代削減効果が実感しやすくなってきた。太陽光発電でつくった電気なら料金はかからないので、その分だけ電力会社に払う電気代を抑えることができる。太陽光発電システムの価格も以前よりだいぶ下がったので、浮いた電気代により、早期に投資回収を行うことが可能となった。「売る」より「使う」がお得な時代が到来しているのだ。 同時に、近年は地震や台風など自然災害による大規模停電が続発し、非常用電源としての太陽光発電の役割にも期待が高まっている。自家消費型の太陽光発電システムなら、すぐに非常用電源として活用することが可能。自家消費型の太陽光発電は、所有者にとっても、地域社会にとっても、メリットの大きいシステムというわけだ。 FIT認定...
    続きを読む
の合計1ページ数
伝言を残す
私たちの製品に興味を持っており、詳細を知りたい場合は、ここでメッセージを残してください、私たちはできるだけ早く返信されます。