ブログ

ブログ

  • 静岡県設置の茶畑用営農型太陽光設備が完成
    静岡県設置の茶畑用営農型太陽光設備が完成 May 28,2021
    5月に静岡に出荷の架台下にお茶の苗を植え、営農型太陽光設備が無事に完成しました。 この営農型架台はさざ波式ソーラーシェアリング架台とも呼びます。 前後アレイの間隔によって、遮光率をコントロールする仕組みです。 お茶、米、ブルーベリーのような陽性植物には最適です。 今回の架台高さは4m、スパンは4.5m*4.5m、遮光率は50.4%です。 広くて、摘採機なども進出しやすいので、作業にとても便利です。 架台は1月着品で、3月に連系されましたが、お茶の苗が4月到着したので、植え作業は 今のところに完了しました。 今は、写真のような可愛いお茶の苗ですが、3年~5年で成園になるそうです。 その風景を楽しみにしています。 弊社は、太陽光発電架台開発、設計、生産、及び販売の専門メーカです。 営農型架台、地上野立て架台、カーポート架台、屋根架台、ポリカーハウス、フェンス、防草シートなどを取り扱っております...
    続きを読む
  • 方角だけじゃない?太陽光発電に影響する屋根の形状
    方角だけじゃない?太陽光発電に影響する屋根の形状 May 21,2021
    皆さんは自分の家の屋根の形などを覚えてますか。 太陽光パネルを自宅で設置する場合は、ほとんどの家で自宅の屋根の上を設置場所に選びます。 ただ、その時に屋根の方角は気にしても、自宅がどんな屋根なのかはあまり気にしない人も多いのではないでしょうか。 しかも、家を建てて数年経つと形とかは覚えてなかったりするよね。 かえるくん 実際、多くのお客様は一括見積もりの時まで、屋根の形状や素材などについては、あまり意識していませんでした。 屋根は方角以外にも形状も発電に影響することは多く、太陽光発電では大事な要素の1つです。 今回は太陽光発電に影響する自宅の屋根について紹介していきます。 目次 屋根も太陽光での発電量に影響する? 発電量に影響する4つのポイント 屋根の方角 屋根の面積 屋根の角度 屋根の形状 知っておきたい屋根の形状 切妻屋根 寄棟屋根・方形屋根 陸屋根 片流れ屋根 知っておきたい自宅の屋...
    続きを読む
  • ポリカーハウスでのお誕生日会
    ポリカーハウスでのお誕生日会 May 13,2021
    会社という集団家族に溶け込み、働きがいのある環境をづくるため、当社は毎月従業員のお誕生日会を開催しております。  先日、自社オリジナル設計のポリカーハウスの取付完了をきっかけに、ポリカーハウス内を風船、リボンなどで飾り付けて、ここでお誕生日会を開きました。  会社全員を集めて、当月誕生日の方にお祝いをします。「みんなが集まっていることは奇跡であり、みんながそれぞれ主役である。」ということを改めて認識する機会にできることが「誕生日お祝い」のメリットと思います。  お花の飾りもあって、ケーキ、果物、ジュース、ピザなど美味しいものを食べながら、同僚たちと話しあったり、とても幸せを感じています。私の一番すぎなものは酸っぱくて甘いマンゴー・パッションフルーツで~す。今回はパネルイメージ付きのケーキも登場しましたよ!ケーキは美味しかったですが、その青色が歯につくのはちょっ...
    続きを読む
  • 営農型太陽光発電に規制緩和 「単収8割以上」要件、荒廃農地には課さず
    営農型太陽光発電に規制緩和 「単収8割以上」要件、荒廃農地には課さず May 6,2021
    営農型太陽光発電とは 営農型太陽光発電とは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。 作物の販売収入に加え、売電による継続的な収入や発電電力の自家利用等による農業経営の更なる改善が期待できます。 荒廃農地を活用した再エネの導入促進のための規制の見直しについて 農水省は、「2050年カーボンニュートラルに向けて、農山漁村地域において再生可能エネルギーの導入を積極的に進めるスタンスに立ち、優良農地を確保しつつ、荒廃農地に再エネ設備を設置しやすくするために農地転用規制などを見直す」 1)営農型太陽光については、「荒廃農地を再生利用する場合は、おおむね8割以上の単収を確保する要件は課さず、農地が適正かつ効率的に利用されているか否かによって判断する」とした。加えて、「一時転用期間(10年以内)が満了する際、営農に支障が生じていない限り、再許可に...
    続きを読む
  • 自家消費型太陽光発電システム導入するメリット UIソーラーは自家消費型太陽光発電向けのカーポートをご提供している
    自家消費型太陽光発電システム導入するメリット UIソーラーは自家消費型太陽光発電向けのカーポートをご提供している Apr 28,2021
    自家消費型太陽光発電とは? 自家消費型太陽光発電とは、太陽光発電で創った電力を売電ではなく自家消費に回すことを指します。つまり発電した電力を自分の家や社内の電力として消費することです。 なお、システム容量が10kW未満の家庭用太陽光発電は元から「自家消費+余剰売電」を行っています。自家消費型太陽光発電と言われるものは一般的に10kW以上の産業用太陽光発電を指す場合が多いでしょう。 自家消費型太陽光発電のメリット ① 電力値上げの影響を受けない 電気料金は、年々値上がり傾向にあります。その理由として以下の2点が挙げられます。 原子力発電の停止 再エネ賦課金の上昇 太陽光発電で自社の電気をまかなう場合は、このような電気代の値上げの影響を受けず、再生エネルギー発電促進賦課金を支払う必要もないので、電気代を一定の金額に抑えることも可能です。 ② デマンドコントロールができる デマンド値とは「30分...
    続きを読む
1 2
の合計2ページ数
伝言を残す
私たちの製品に興味を持っており、詳細を知りたい場合は、ここでメッセージを残してください、私たちはできるだけ早く返信されます。